一覧

世界の子ども―太陽と月の狭間に―

2022年1月11日

スポンサーリンク

世界の子どもシリーズ―過去編― 太陽と月の狭間に

 

太陽と月は交互にこの世界を照らしている。

 

私は太陽。
私は月。

私たちの光を浴びる全ての者が、可愛い子ども。
愛しい存在。

 

 

✵太陽の子ども✵

 

 

太陽が最近、特に目にかけているのが、ミアという鳥族の少女。

威勢よく天を飛び交う竜族。
空と陸を自由に舞う鳥族。
壮大な大地を駆け巡るケンタウロス。
海で鮮やかに踊る人魚。
水や火を操る精霊たち。
魔法を使うことに長けた魔法族。

多種多様な種族が共存する中で、存在するのは、半人という血統を表す言葉。

ミアには半分、人間の血が流れいる――……。

太陽だけが知っている事実。
愛しい子どもたちが知らない真実。

それは当たり前で、当たり前ではないこと。

流れる血で優劣が決まるのではない。
ただ、皆それぞれ、生まれもって本能的に知っていることが違うということ。

だから、きっと大丈夫。

 

「私だって、飛べる。別に、可哀想じゃない」

 

これは空を舞うことを夢見る、飛べない鳥族の少女とそれを見守る太陽の物語――……。

 

太陽の子ども~前編~
太陽の子ども~後編~

 

 

✶月の子ども✶

 

 

月が最近、特に目にかけているのが、ウィルという魔法族の少年。

魔法族は星を詠んで、夜を生きる。
だけど今日も、ウィルは魔法族で一人だけ、星を詠まない。
最年少の天才魔法使いと呼ばれ、誰よりも遠くの星を詠むことができるにも関わらず――……。

 

ウィルが星を詠まなくなったのは、ちょうどあの日から。

 

大人と呼ばれる者たちが、状況を見ず、事実だけを見て判断する。
友達と呼ぶはずの者たちが、事実だけを言い、真実を言わない。

先生を始めとする、大人と呼ばれる者たちが期待という言葉を口にする。
家族と呼ばれる者たちが困ったという言葉を口にする。

一方でクラスの全員が言葉を口にしない。

 

だから僕は星を詠まない。

 

どれだけ星が詠めたって
たった一人でいる自分が言う真実ではなく、
大勢でいる周りの言うことが真実となることを知っているから――……。

 

「今日は何をしようかな」

 

これは孤独な夜を過ごす魔法族の少年とそれを見守る月の物語――……。

 

月の子ども~前編~
月の子ども~後編~(アーカイブ)

 

✲太陽と月の狭間に✲

 

 

魔法族の習慣――……。

特別な成人の誕生日。

大切な人にしか贈ることのできないたった一つの贈り物。

 

ウィルは今日も走る。
いつものあの一本の坂道の上へと――……。

 

二人だけの場所。二人だけの秘密。二人だけの約束。

 

これは愛しいあの子との大切な逢魔が時の物語。

 

太陽と月の狭間に(掲載終了、本収録予定)

 

 

✶太陽と月の狭間のその先に✵

 

 

海が荒れ、天が嘆き、地が割れる――……。

 

もう星を詠まないなんて、言わないよ。

大切な君を、守りたいから。

だから僕は、もう一度

星を詠む。
誰の為に?
君の為に――……

 

再び迫られる、生きる場所の選択。

 

君と行きたい。
君と生きたい。

だって僕は知り過ぎてしまったんだ。この世の全てを。

だから、一人では耐えられない――……。

だけど……。

僕は夜を生きていて
君は昼を生きている

 

交差する一人の魔法族の少年と鳥族の少女の運命。

 

その先にあるのは新しい時。

 

「僕は秘密の地下鉄に乗る。だけど、君は……」

 

すれ違う想い
揺れる心
迫る決断のトキ

 

「見くびらないで」

 

私はもう飛べる――……
だからちゃんと選べるんだ。
空で生きるか、陸で生きるか。

 

これは月に愛されし夜を生きた少年と
太陽に愛されし昼を生きた少女の物語――……。

 

 

 

 

あなたは誰と何処で生きますか?

 

 

✾✾✾

 

『太陽と月の狭間のその先に』はシリーズの順を追って、また後日♡

 

✶シリーズ時系列順全一覧はこちらから✶

時間の記録

 

世界の子どもタイトル別一覧

フィフィの物語

はるぽの物語図鑑

 

 アーカイブはこちらから♡ 会員募集中♡♡

✶✵✶魔法茶屋✶✵✶

ナタリーとキースの魔法茶屋へようこそ!ここでは、はるぽの和み書房で連載中の世界の子どもシリーズのアーカイブをナタリーとキースが管理しております。過去編、現代編、未来編の掲載期間終了後の本編作品をいつでも読み返して頂けます。月額制ですが、お好きな時に出入りして頂けたらと思います!温かなお茶のお共に物語は如何ですか?

プラン一覧へ移動する

⚘✾⚘はるぽの書斎部屋⚘✾⚘

はるぽの書斎部屋です。はるぽの和み書房で連載中の全ての作品のアーカイブを、はるぽがこちらで管理しております。世界の子どもシリーズを始め、フィフィの物語、短・中編の全ての物語を連載期間終了後も、いつでも読み返して頂けます。(製本時の書き下ろし作品は含まれませんのでご注意ください)月額制ですが、お好きな時に出入りして頂けたらと思います!

本・アクセサリーはこちら♡

✾はるぽのアトリエ✾

BOOTH:https://haruposatelier.booth.pm/

本・アクセサリーを取り扱い中♪
先読みや番外編は本だけの特典となります♡♡

 

 

-一覧

© 2022 はるぽの和み書房