ブログ

私の頭の中~時間と私の本と天秤~

スポンサーリンク

はるぽ
お知らせが混じったような、いつもの独り言です♪(笑)

 いつの間にか、このホームページを始めて1年が過ぎ去り、そして、それらを念願の本にまとめる、というところまで辿り着きました。しみじみと、時間って凄いなと感じる日々が続いています。

 私は生きるということは、毎日、何に時間を使うかという選択の連続だと思っています。
 なのでよく、昔は「時間を無駄にしてはいけない」と思っていました。そして、今でも、「時間がない」なんて焦ってしまう時が多々あります。
 けれど、歳を重ねるにつれ、「時は金なり」の意味をよく考えるようになりました。
 文字通りの意味なのですが、時間はお金になり、お金は時間になるな、と。

 今の時代、飛行機や新幹線があり、そして便利な電化製品がたくさん存在します。子育てにしてもそうです。保育園で保育士さんにお願いしたり、ベビーシッターさんに依頼したり。
 こういうのって、端的にいうと、お金で自分の時間を作っているのだと思うのです。
 けれど、飛行機も新幹線も、距離が遠くなればなるほど、不便な場所になればなるほど、交通費が高くなり、便利になればなるほど、最新の電化製品の購入費もかさみます。

 そうなると、やっぱりお金がなければ意味ないじゃん、となってくると思うのですが、逆に目標があればお金は時間で貯めることができるのだと思います。
 一番は自分の時間を使って、働いて賃金を得るということ。
 これって当たり前なんですけど、これは時間を使っている、というのを念頭に置かないと、ついうっかり、働くのが当たり前、になってしまうような気がするので、あえて言葉にしてみます。
 それで、そこから身近なものに移り、移動時に電車に乗らず時間をかけて数駅分歩くと、その分、お金は貯まります。もちろん、運賃と歩く時間というのを換算して、歩くべきかどうかというのを調べると思うのですが、何かを安く買うというのは、調べるということであり、それらも時間をかけるもしくは、工夫する、に該当すると思うのです。
 そういう意味でいうと、手軽にコンビニで購入して時間を守るのか、スーパーを巡って少しでも安い食材を入手するのか、と段々とその定義は広がっていくと思います。

 さらに進むと、外食して調理の時間を省くのか、自炊してお金を貯めるのか、という風になっていきます。
 でもこの辺りから、人によっては美味しいものを外で食べるという、お金をかけて経験する、というものに変わり、料理をするのが好きだから自分で作る、という時間をかけて楽しむ、というものに変わるような気がします。
 こうやって、お金と時間はバランスが実はとれていて、そのバランスのとり方は人によって違うのだろうな、と感じるようになりました。

 そして、このバランスというのは、常に自分が望むものであるかというと、それもまた違うと思います。このお金と時間のバランスのとり方、自分の望むものというものは、ありのままの自分となりたい自分に繋がってくると、そう思うのです。

 なりたい自分になろうと思うと、やはり、お金や時間を使うと思うのです。そして、それらに無理が生じると、生きていくのに必要な基盤が崩れてしまったり、ありのままの自分を失くしてしまったり、生活や感情がしんどくなり、そして、生きる支柱がブレるのは、心身の健康にもきっとよくないのだと思います。
 けれど、だからって、自分はこんな感じ、となりたい自分を諦めるのも、それもまたしんどいことなのだと、私は思うようになりました。

 そして、こういうお金と時間のバランスや、ありのままの自分となりたい自分のバランスというのは、その人そのひとの天秤となり、日常に結び付くのだと思います。
 それもこの天秤は普通の物質的な天秤ではなく、自分自身が天秤の、すっごく特別な天秤です。
 ありのままの自分と、なりたい自分を、自分自身で左右に持って、自分自身でそれを今の自分がここだな、という所でバランスをとって支えるのです。だからそれは、自分自身が天秤だから、左右の比率というのは、50%50%が正解ではなく、自分の性格やその時の環境によって、自分が心地よいバランスで、自分を支えたら良いのだと思います。

 そして、自分自身が天秤だからこそ、私たちは歩くことが出来て、強風が吹きバランスがとりにくい場所では無理して立たずに、移動することができると思います。
 でも、移動する道中や、辿り着く場所というのは、もっと強風かもしれないし、豪雨かもしれない。周りに障害物がたくさんあって、すぐに移動できない時もあるかもしれません。
 そういう時に、バランス感覚に優れた天秤の方に助けてもらったり、逆に自分がバランスがとれていたら誰かを支えてみたり。周りに障害物がある時は、耐え忍んで、それこそ正に、時間をかけて、機を待つ、のだと思います。

 とても大げさに言っていますが、私の中でいう、日常的なこのありのままの自分となりたい自分というのは、心のままに食べたい自分と、理想通りに痩せたい自分ですかね(笑)
 それで、私は未熟なので、子育てでも何でも周りの方に助けてもらうことも多いですし、毎日四苦八苦していますが、私なりに自分のバランスで、まだ幼い我が子を支えたいと思っています。

 こういう日常の小さな選択と助け合いでなりたい自分に近づき、しんどくならないようにありのままの自分を、きっと、みんな守っていくのだと思います。
 そして、この守り方というのは、自分の居心地が良い左右のバランスだけでなく、内と外のオンオフで切り替える人もいるかもしれません。
 そういう考え方をすると、ゴロゴロしている自分というのは、なりたい自分に反する時もあるのかもしれないけれど、必ずしも「無駄な時間」ではないのだなと思うようになりました。表現的に、「無駄」という言葉を使ってしまう時は多々ありますが、自分が「無駄」だと思う時間というのは他にしたいことがあるということであり、また、あえてそういう「無駄」と思える時間を持つことで、なりたい自分を見つけた時に奮い立たせる起爆剤としたり、心身を休ませてありのままの自分を守ることに繋がるのだと思います。

 そんな私は未だに、ありのままの自分となりたい自分のバランスに毎日悩み、時間とお金のバランスも自分の中でのベストというのが分からないでいます。
 でも、生きている間は、選択を重ねて時間を過ごしていくので、きっと誰にとっても、自分のベストというのは、最期のその瞬間まで、答えが見つからないものでもあるのだと思います。
 だからこそ、今の自分のベストを更新していくのが大切なのだろうな、と感じています。

 そんな私にとって、書くことにおいても、今の自分のベスト、というのが一時期分からないでいました。私は今もこうして書くことが好きで書いていますが、かつてはお仕事としてシナリオを書いて、お金を頂戴していました。だからこそ、私にとって、あの時が一番なのだと、勘違いしていたのです。だから、よく、あの時のように、と無意識に過去の作品に近づけようとしていたと思います。でも、このホームページを始めて、コラボをさせて頂いたり様々な刺激を受けて、ああ、人からの評価だけでなく、ちゃんと自分にとってのベストは自分で更新していかないとダメだな、と思えるようになりました。

 こんな風に自分を見つめ返した時に、今の自分のベストと、自分の中の天秤を保つために、なりたい自分を目指して環境を変える努力をし、時間の使い方をもっと上手くなりたい、と思うようになりました。
 私の中でも、やはり生きていくにはお仕事は必要で、好きだからという理由で、書くということだけに時間は使えません。
 そうなると、書き続けるにはどうしたら楽しいのかなと考えた時、それなら私は書く時間を調整しつつ、書いたものを本にしたい、と強く思いました。

 私は一児の母でもあるのですが、母親である前に一人の人間で、だからこそ、自分の時間も必要です。そして、毎日泣いて怒って四苦八苦しながらの育児で、あれ?私、保育士免許持ってたよね?と自分に確認したくなるくらい、母親としても未熟な私がいますが、それでもとても望んで授かった子なので、子どもとの時間もとても大切に思っています。

 そんな中で、完璧ではない私が使う自分の時間というのを、ホームページやネット上の、いつ消えてしまうか分からないデータだけに注ぐのではなく、ちゃんと形に残したいと、そう思いました。どうせ続けるなら、いつの日か子どもに、好きなことをここまで続けて頑張ったんだよって、本を見せて、言える方がいいな、と思ったんです。

 何より、私自身が「私の本」が出来上がるのが一番嬉しかったりもします。本を手にした瞬間は、本当に、何にも代えがたい自分にしか感じることのできない達成感が、あります。
 この嬉しい、好きだからという気持ちが一番には来るのですが、もちろん、他にも色んな意味で本にするということを選択しています。例えば、このようにいつ誰でも見ることのできるネット上で、それも個人で書いているからこそ、自分の意に反した流出や切り取りなどのリスクは拭えません。ですが、私の物語の続きは、私にしか書けません。だから、自分を守るという意味でも、私は本に、書き下ろしの作品を必ず入れるようにしています。

 そして、これは賛否両論あるかと思うのですが、私も一時期、このように文章を仕事としてお金を頂戴していました。だからこそ、私なりの誇りやプライドもあって、趣味であろうがアマチュアだろうがプロだろうが、時間をかけて作り上げたものというのは、その全てを無償で提供する必要はないと思っています。そういう思いがあるからこそ、私はこのホームページでも広告は入れさせて頂いていますし、本も販売という形をとらせて頂いております。私の中で、無償で全てを提供するというのは、有償でプロとして活動されている方に対しても失礼になる時があると思っていて、今の私自身が微力であっても、ちゃんと広告を入れさせて頂いたり、本にしたものはちゃんと販売という形をとるということで、自分の時間を自分で無碍に扱わないこと、そして、第一線で活躍されている方への憧れと敬意でもあります。(全てをという意味であって、無償での提供が悪いと言う意味ではありません。もちろん、時と場合によると思いますし、私も誰かのご好意やYouTube、ブログなどを楽しませて頂いておりますし、私も時にそういう風に誰かに楽しみを提供できたらいいなと思い、ブログや物語をここで綴っています)

 そして、私が本にする作品は、このはるぽの和み書房やpixivFANBOXで一度掲載したものがほとんどです。それらを手に取って下さる方というのは、本当に私の作品や作中のキャラを好きでいて下さったり、本を手にとってでも私を応援したいと思って下さる方だと思うので、そういう方に、少しでも多く楽しんで頂きたい、という思いもあって、書き下ろしを加えるようにしています。
 もちろん、ここでわざわざ私の文章や物語を読んでくださる方にもとても感謝をしています。読むということは、かなりの時間頂戴するということなので。でも、それに加えて、わざわざ本を手に取って下さる方に、私は何が出来るだろうと思った時に、少しでもいいから書き下ろしの作品を加えて、あとがきでお礼の言葉を綴ろうと、自分の中で考えて、決めました。

 私の本は、自分自身の為であり、そして、書き下ろしを加えるのもまた、自分を守るためでもありますが、本を手に取って下さった方への感謝も私なりにいっぱい込めています。
 そして、私は書くのが好きだから書いていますが、作品というのは届けるまでもが作品だとはちゃんと思っていて、この場でも本であっても、私の物語やブログを見てくださった方が少しでも楽しんでくださるようにと、いつも祈り、そして願っています。

 こんな風にブログで時間や天秤につていの思いを綴らせて頂いたのですが、バランスをとるって、言葉にしたら簡単なのに、本当にバランスを取ろうと思ったら、めちゃくちゃ難しいことだと日々感じながら生きています。そして、何に時間を使うかの選択で生きていると、なりたい自分を目指して「頑張って、生きよう」と思う瞬間と、ありのままの自分を守るために「しんどいけど、生きなきゃ」を繰り返すと思うのです。(人によって、個人差はあると思うのですが)私は、この相反する思いというのはどちらもあってよくて、私自身はどちらも持っていますし、そしてそのどちらに対してもどちらの方がよくてどちらの方が悪い、というのはないと信じています。

 そんな私の「頑張って、生きよう」という、今の私のベストで全力で書いたのが、本の中の「眠り猫」の物語です。そして、そんな私の「しんどいけど、生きなきゃ」という、今の私のベストで力を抜いて書いたのが、「死神のホワイトチョコレート」の物語です。また、誰にとっても、バランスって大切だなという、ありのままの自分となりたい自分への思いを込めて書いたのが『ナタリーとキースの魔法茶屋~雨の日アンジー~』です。だから、この三冊は、きっと私にとってはずっと、特別な私の本だと思います。

 世界の子どもシリーズは、天秤が重要な要素になっていて、過去と未来を天秤に、きっと何かを繋ぐのは現代で、物語の中の地下世界と地上世界、これらを繋ぐのに大切なのは、やっぱり、人です。そして、人というのは、みんな、バランスを保ちながらそれぞれの天秤を持って生きているのだと思っています。だから、シリーズの中で最初に本にするのは、この雨の日アンジーにしました。シリーズは好きなところを、自由に読んで楽しんで頂きたいと思って書いていますが、私の物語の時間の管理者は私なので(笑)刊行順は、私が思う時間の順番で出させてもらうことにしました!
 私は訳が分からず進みながら、後で繋がっていくのが大好きなので、そういう感じになるように刊行と更新を進めつつ、人によって好き嫌いがあると思うので、好きなところだけでも楽しんで頂けるように、タイトル毎に独立したスタイルも貫きながら書いていけたらなと思っています。

「頑張って、生きよう」と「しんどいけど、生きなきゃ」この相反する思いを繰り返しながら進む私はきっとバランスの取れた天秤に憧れているのだと思います。
 それらを私が好きな「書く」ということで、本にすることができて、純粋に嬉しいです。そして、そんな私は、特別何かを持っているとかではなくって、でも、やっぱり頑張りたくって、何も持たない代わりに、時間をかけて、本を完成させました。
 自分で物語を書き、自分でお菓子を焼き、自分でアクセサリーを作り、自分で写真を撮って、自分で表紙をデザインして、自分で製本しました。きっと、誰かにとってはそれなりだけど、私にとっては、時間をかけたすごく大切なものになりました。

 目標があっても、最初はバランスのとり方が分からなかったりするので、足し算と引き算をしながら、私なりに進んでいこう、と思っています。だからこそ、私は自分の時間と自分の天秤の管理の為、少しこちらでの更新の方法や頻度を調整するかと思います。恐らく、試行錯誤しながら。(笑)ですが、私なりに書くのを続けて行こうと思っているので、引き続きよろしくお願い致します!

 ご閲覧ありがとうございました°˖✧

はるぽ
まとめ。本ができました!そして、自分の時間や生活バランスを考え、更新の方法や頻度を調整していく予定です。ですが、今後ともよろしくお願い致します♪

✲余談✲ ~名前とペンネーム~

ペンネームを使わせてもらっているのですが、本名が嫌とかではなく、自分の名前もすごく気に入っています♪名前って根拠なく、堂々と自信がもてるので、私は自分の名前好きです。
そして、同じくらい、ペンネームも私の中で大切な意味があって、すごく特別です。お仕事していた際のペンネームが、抜けさせて頂く時に使用許可を頂けず、今のペンネームに落ち着きました。なので、時間と共に変わってはいるものの、過去を捨て置いたわけでもなく、嫌で変えたわけでもなく、けれど、こうやってコツコツ頑張ってきた今のひらながペンネームも、過去のものも、すごく大切に思っています。ひらがなで分かりにくいと思うのですが、自分の中で、はるのとぽこで区切ります。お好きな方で呼んで頂けたら幸いです♪(基本的に、呼ばれることないかもですが…ぽこ更新してるわ、的に軽く……笑)
また、星のカケラでコラボしてくださっている、イラストレーターのrieさんも先日、ゆふまるさんへとペンネームを変えられたそうです!こちらでは、今後、両方の表記でご紹介させて頂けたらと思います!

 密かに星のカケラも進んでいて、先日、rie(ゆふまる)さんから男の子たちのイラストを見させて頂きました!めちゃくちゃかっこよかったです♡書き終えた書き下ろしの中では、モエの休日バーガーがすごくお気に入りです♪また、お知らせさせて頂けたらと思います!

 

-ブログ

© 2022 はるぽの和み書房