オリジナル小説

ホラー・ミラー・スケルトン☆

2022年4月25日

スポンサーリンク

 妖怪界。
 そしてここは、そのゲート。
 妖怪界へとやってきたものが最初に通る場所だ。

 ドームのような広い楕円の建物の向こうに、妖怪界が続いていて、ここにはそこへと行くための、何十個もの入口ゲートが用意されている。
 中央部分に、ゲートを通るためのいくつかの検査受付があり、みんなここで、妖怪界で何所どこの種族に属すのかを決めてからゲートをくぐる。

 そして、私はガイコツ。
 この検査受付で働いている。

「は、初めまして。私はコウイと申します。ろくろ首です」

 体質診断投影機で、すばやく撮影する。

『ろくろ首、ろくろ首』

 私は小さく頷き、投影機から出てきた一枚のフォトを渡しながら言う。

「初めましてコウイさん。所属はろくろ首ですね。5番ゲートからお入りください。ゲートをくぐりましたら、今度はろくろ首の受付で仕事の紹介がありますので」
「あ、はい。ありがとうございます」

 コウイさんがろくろ首のゲートへと向かいだす。それと入れ替わるように、今度はヒラリと薄く白い布のようなものが受付へとやってくる。

「ターイ、ぬらりひょんです。何番ゲートですか?」

 うーん。

 それでも私は動じず、手際よく、体質診断投影機で撮影する。

『一反もめん。一反もめん』

 ターイさんがぐっと息を詰まらせる。

「一応、一反もめんの所属が適性とは出ていますが、どうします? ぬらりひょんなら6番ゲート、一反もめんなら8番ゲートです」
「……ぬらりひょんで」
「……わかりました。6番ゲートにお願いします」

 小さくお辞儀をして、ターイさんは6番ゲートをくぐっていった。

 数時間後――……。

「すみません。やっぱり、一反もめんの所属にすることはできますか?」

 6番ゲートから戻り、また列に並んで再び受付へと来たのは、ターイさんだった。

「……わかりました。手続き自体はすぐにできるので、問題ありません。では、今度は8番ゲートにお願いします」
「……はい」

 ターイさんがとても寂しそうに、8番ゲートへと歩いていく。

「あー……、待ってください」
「はい?」

 私は少しためらいがちに、用意していたメモをそっと渡す。

「これ、よかったら参考にどうぞ」
「これは……何ですか?」
「ぬらりひょんと一反もめんが一緒にする作業が多い、職種のリストです。仕事自体はゲートの向こうで、また改めて受付があるので」
「……どうも」
「……いえ、もし、参考になれば」

 メモを片手に、それでも肩を落としたまま、ターイさんは8番ゲートをくぐっていった。
 その際、何度も何度も6番ゲートの方をみていたのが、印象的だった。

「……そうなりますよね」

 例えば、なりたいものに自由になれるのならば、それはどれだけ幸せなことなのだろう。けれど、どこの世界だって、この妖怪界だって、現実は残酷だ。

「誰だって、自分自身は……種族は変えられない」

 どんなに望んでも。

 誰にも聞こえないくらいの声で、今日も私はスカスカのこの骨だけの身体でそう呟いた。
 完全にターイさんの姿が見えなくなり、小さく息をつく。

「私にしたら、所属するところがあるだけで、羨ましいですけどね」

 だけど、私にとっては羨ましい所属するところがあったとしても、それはターイさんにとっては違うのだろう。

 だってターイさんは、ぬらりひょんがよかったのだから。

「だけど、職業は選べるから。どうか、やりたい仕事がみつかりますように」

 また次のものがやってきて、同じように受付を進めていく。

「初めまして。タタルです。傘お化けです」
「タタルさんですね」

『傘お化け。傘お化け』

「タタルさん。傘お化けは12番ゲートになります。ゲートの向こうで、仕事の紹介が傘お化けの受付で改めてありますので」
「ありがとうございます」

 まっすぐに迷うことなく、タタルさんは12番ゲートへと飛び跳ねていく。

「うん。タタルさんは大丈夫そうだ」

 先程のターイさんのことがあったから、すごくホッとした。
 私は骨だけだから、誰にも分からないのに、それでもやっぱり笑って見せる。心の奥底にある、寂しいという気持ちを隠して。

「いいな……」

 みんな少し希望とは違っても、ちゃんと何所かに所属ができる。
 だけど私はどこにも属せない。

 何でも、ガイコツには本当はガイコツの世界があるらしい。
 だけど、何故か私が来てしまったのは、妖怪界。
 ここにはがしゃどくろのゲートはあっても、ガイコツのゲートはないらしい。

 だから私には所属がない。
 いつまで経ってもひとりぼっち。
 無所属のガイコツ。

 今日もここで、ひとりぼっちの私はみんなを仲間の元へと案内する。
 私はスカスカの骨だけだから、表情なんて伝わらないのに、それでも笑顔を作って、心の奥底で寂しさを隠して、仕事を続ける。

 

ホラー・ミラー・スケルトン☆

 

「は、初めまして」

 そしてある日、私は驚くべき受付の仕事をすることとなる。

「……初めまして。お名前は?」
「……冬子です」
「失礼しますね」

 震えながら、体質投影機のシャッターを押す。

『人間。人間』

「えーっと……」

 どのゲートに、案内しようかな。

 そこに現れたのは、妖怪界始まって以来の、人間だった。

 

ホラー・ミラー・スケルトン☆2

※全8話、完結済みです。2話以降の掲載期間は終了しましたので、アーカイブのご案内となります°˖✧またかなり先にはなるかと思いますが、時間ができましたら、番外編と共に本にもまとめる予定です!よろしくお願いいたします♡

 

世界の子どもシリーズ

フィフィの物語

はるぽの物語図鑑

 

 アーカイブはこちらから♡ 会員募集中♡♡

✶✵✶魔法茶屋✶✵✶

ナタリーとキースの魔法茶屋へようこそ!ここでは、はるぽの和み書房で連載中の世界の子どもシリーズのアーカイブをナタリーとキースが管理しております。過去編、現代編、未来編の掲載期間終了後の本編作品をいつでも読み返して頂けます。月額制ですが、お好きな時に出入りして頂けたらと思います!温かなお茶のお共に物語は如何ですか?

プラン一覧へ移動する

⚘✾⚘はるぽの書斎部屋⚘✾⚘

はるぽの書斎部屋です。はるぽの和み書房で連載中の全ての作品のアーカイブを、はるぽがこちらで管理しております。世界の子どもシリーズを始め、フィフィの物語、短・中編の全ての物語を連載期間終了後も、いつでも読み返して頂けます。(製本時の書き下ろし作品は含まれませんのでご注意ください)月額制ですが、お好きな時に出入りして頂けたらと思います!

本・アクセサリーはこちら♡

✾はるぽのアトリエ✾

BOOTH:https://haruposatelier.booth.pm/

本・アクセサリーを取り扱い中♪
先読みや番外編は本だけの特典となります♡♡

 

-オリジナル小説

© 2022 はるぽの和み書房