#ファンタジー小説

オリジナル童話

生きる刻があるうちは~episode4②~世界の子どもシリーズ―現代編―

生きる刻ときがあるうちは~episode4②~    信号が変わった瞬間に駆けだしたその先にあるのは、不思議な洋装の一軒の茶屋。 『本日、臨時休業』  扉にかけられているのは、ケンの胸騒ぎを ...

オリジナル童話

生きる刻があるうちは~episode4①~世界の子どもシリーズ―現代編―

生きる刻ときがあるうちは~episode4①~    数メートル向こうで、ゴオオと威勢のよい音を響かせながら、定期的に列車がケンを追い越していく。いつもは大して気にならないこの騒音も、今日は ...

オリジナル小説

かぼちゃを動かして!⑧

かぼちゃを動かして!⑧    バクバクと速くなる心臓に反し、意識的に呼吸をゆっくりとすることで冷静さを保つ。  フィフィが何度瞬きをしても、その黒い物体は見間違いなんかではなく、確かに生き物 ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode5➁~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode5➁~    はっとすると同時に、パナトリアがわざわざこのタイミングで移動しながら耳打ちをしたこと、リアの表情を隠すようにしっぽを動かしてくれているこ ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode5①~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode5①~    尋問室から出ても、そこから視界に映る範囲には誰もいなくて、既に先ほどの尋問官や見張り役であったテトはここを完全に去っているのが分かった。 ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode4~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode4    目の前の丸く大きな水晶の中に、リアと尋問官の顔がまるで深海魚のように、奇妙に形を変えて映り込む。  リアの声に合わせて、尋問官が広げる本の文 ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode1~世界の子どもシリーズ―過去編―

   かつて地球という惑星が誕生したその時、宇宙中が歓喜に沸いた。  何億年ぶりか分からない、生命体の誕生した惑星だったからだ。  それだけでなく、全てにおいて地球は特別だった。  何せ、こ ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode0.9➁~世界の子どもシリーズ―過去編―

 チェルシーは紅色に金の混じった、菊柄の着物に身を纏い、優雅に正座して、筆をとり、達筆な文字を次々と特別な巻物に書き記していく。  一本に束ねられていた髪は、ハーフアップに結び直されている。その髪留め ...

一覧

世界の子どもシリーズ全一覧~過去、現代、未来を行き来する愛と時空を巡るSFファンタジー~

世界の子どもシリーズ全一覧   過去、現代、未来を行き来しながら連載中!🐚🌼🤖 ※不定期更新、期間限定公開になります📚製本作業完了後、こちらでの掲載は終了となります✨また、シリーズ全体として ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode0.9①~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode0.9①~    久方ぶりに天空城に颯爽とした風が吹き抜ける。その風に合わせてチェルシーの長い髪が揺れる。その髪に、チェルシーが手に持っている密書と同 ...

© 2024 はるぽの和み書房