オリジナル童話

世界の子どもシリーズ過去編、現代編をお楽しみ頂けます♪
いくつになっても楽しめる物語をテーマにしています。
よろしくお願いします!

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode7①~世界の子どもシリーズ―過去編―

2024/6/9  

その手に触れられなくても~episode7①~    声のその先には、リアにとって数少ない、この海の中で信頼できるであろう人魚のひとりが、凛とした表情で立ち塞がっていた。濃い青のショートカッ ...

オリジナル童話

earth to earth~古の魔法使いepisode7~世界の子どもシリーズ―現代編

2024/5/29  

古の魔法使い~episode7~    アンジェリシカの頬にキースの髪が触れたかと思うと、気が付けば再び、自身の腕の中に愛しい弟が戻ってきていた。  今度はぎゅっと、力いっぱい、アンジェリシ ...

オリジナル童話

earth to earth~古の魔法使いepisode6~世界の子どもシリーズ―現代編―

2024/5/19  

earth to earth~古いにしえの魔法使いepisode6~   「うっ……」  アンジェリシカが身体の向きを右へ変えると共に、半ば呻き声にも近い、寝言にもならない小さな声が漏れる。 ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode6~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode6①~   「本当にいいのかい?」 「ええ、時間を稼ぐのなら、堂々としてる方がいい気がするの」  リアが背負っている黄色い巨大なリュックを、パナトリア ...

オリジナル童話

生きる刻があるうちは~episode4②~世界の子どもシリーズ―現代編―

生きる刻ときがあるうちは~episode4②~    信号が変わった瞬間に駆けだしたその先にあるのは、不思議な洋装の一軒の茶屋。 『本日、臨時休業』  扉にかけられているのは、ケンの胸騒ぎを ...

オリジナル童話

生きる刻があるうちは~episode4①~世界の子どもシリーズ―現代編―

生きる刻ときがあるうちは~episode4①~    数メートル向こうで、ゴオオと威勢のよい音を響かせながら、定期的に列車がケンを追い越していく。いつもは大して気にならないこの騒音も、今日は ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode5➁~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode5➁~    はっとすると同時に、パナトリアがわざわざこのタイミングで移動しながら耳打ちをしたこと、リアの表情を隠すようにしっぽを動かしてくれているこ ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode5①~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode5①~    尋問室から出ても、そこから視界に映る範囲には誰もいなくて、既に先ほどの尋問官や見張り役であったテトはここを完全に去っているのが分かった。 ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode4~世界の子どもシリーズ―過去編―

その手に触れられなくても~episode4    目の前の丸く大きな水晶の中に、リアと尋問官の顔がまるで深海魚のように、奇妙に形を変えて映り込む。  リアの声に合わせて、尋問官が広げる本の文 ...

オリジナル童話

その手に触れられなくても~episode1~世界の子どもシリーズ―過去編―

   かつて地球という惑星が誕生したその時、宇宙中が歓喜に沸いた。  何億年ぶりか分からない、生命体の誕生した惑星だったからだ。  それだけでなく、全てにおいて地球は特別だった。  何せ、こ ...

© 2024 はるぽの和み書房