#読み切り小説

オリジナル小説

まわる、コーヒーカップ―旋―

まわる、コーヒーカップ―旋―   ※一話完結「めぐる、メリーゴーランド―螺―」と対の物語になります。まだそちらをお読みでない方は、―螺―からお読みくださることをお勧めします! 「めぐる、メリ ...

オリジナル小説

めぐる、メリーゴーランド―螺―

めぐる、メリーゴーランド―螺―   『ここは運命の螺旋階段。登りついたその先に、あなたの人生みちがあります』    通された扉の向こうには、仄暗い一本の道が続いている。  その道を ...

オリジナル小説

木漏れ日のアトリエ2

木漏れ日のアトリエ2    あっという間に左右にあるはずの瑞々しい葉を茂らせた木々は離れてしまい、心なし、車越しにもむわっとした生ぬるい空気が感じられなくもない。  自分は地面に足をつけてな ...

オリジナル小説

木漏れ日のアトリエ

   一定のスピードで進むコンクリートの道が色を変えたその瞬間に、それに合わせて車が小刻みに揺れる。  反射的にハンドルを強く握り、素早く瞬きをして、しっかりと周囲を見逃さないように目を見開 ...

オリジナル小説

かぼちゃを動かして!⑦

かぼちゃを動かして!⑦    エプリアは前方の洞窟をじっと見つめたままで、あまりにも真剣なその様子に声を出していいのか分からずに、フィフィはコクコクと無言で頷いて返事をした。  すると、フィ ...

オリジナル小説

私の新しい城

私の新しい城 はるぽこちらでは初めてですが、再掲になります    玄関から順に、確認の意味でゆっくりと歩き出す。  下駄箱はないから、パンプスやスニーカーを隅にぎゅっと並べて、正方形の本当に ...

オリジナル小説

かぼちゃを動かして!⑥

かぼちゃを動かして!⑥  風がやむと、木々の揺れる音さえもがフィフィたちの周りから消えていく。するとそこに残るのは、当たり前のように静寂な時間で、フィフィが今最も避けたいもののひとつであった。  あま ...

オリジナル小説

かぼちゃを動かして!⑤

かぼちゃを動かして!⑤   「八色蜘蛛って、あの洞窟のですか? また面倒な……」  すぐ傍で息を飲むフィフィを余所に、エプリアとミス・マリアンヌは会話を続けていく。 「お願いよ~。私は夕飯の ...

オリジナル小説

かぼちゃを動かして!③

かぼちゃを動かして!③    フィフィはブツブツと独り言を呟きながら森の手前までやって来て、急にピタリと足を止める。 「あっ」  フィフィが振り返っても、視線のすぐそばでいつも浮いていた見慣 ...

オリジナル小説

四季折々~私の一番好きなケーキ~

四季折々~私の一番好きなケーキ~ はるぽこちらでは初めてですが、再掲です❁   「いってくるよ」 「うん、いってらっしゃい」    そう言って、あなたは振り返ることなく行ってしまっ ...

© 2024 はるぽの和み書房