オススメ本

【児童英語おすすめ3選】子どもと一緒に初めての英語の絵本!

2020年11月21日

スポンサーリンク

はるぽ
今回は児童英語インストラクターの勉強をしていた時に購入したお気に入りの絵本を紹介したいと思います!特に初めて買う方にオススメです
1. GO AWAY, BIG GREEN MONSTER!

こちらは簡単な仕掛け絵本になっており、工夫次第で何倍も楽しく読むことができます。単語数も少なく、後半の滑り出しは毎回同じ言い回しから始まるのでリズミカルに読むことができます。

ストーリー:前半にモンスターの顔が明るみになっていき、後半でその怖いモンスターをみんなで(読み手が)追い払う

学習ポイント:顔のパーツ、色

時々、bluish-greenishといった少し難しい単語も登場します。それらはお子さんが小さく、正確な表現ということに拘りがなければ、greenなど簡単な単語にして言い切ってしまうのもひとつの手です。そして、お子さんがしっかりと英語を学び始めた時にそっとgreenからgreenishに移行するのもよし、自身で気づくまで待ち、あれ?と思ったときに語彙力を広げるきっかけとするのもよいかと思います。

また、後半部分に入った際、まずは親御さんが一度お手本に読み、せーのでもワン・ツーでもいいので、掛け声をかけ、2回目をお子さんと一緒に声に出して読む、という方法をオススメします。そうすることで、お子さん自身がモンスターを追い払っているかのように楽しむことができます。慣れてくると、お手本を抜いて、掛け声のみでお子さんと一緒に声に出して読むのも良いと思います。

こんな方におすすめ

  • 読みやすい仕掛け絵本が欲しい!
  • 兄弟や友人と楽しく読みたい!
  • 怖がりな子の勇気づけに!

英語の絵本は楽しいのが一番!
毎年、ハロウィンで大活躍すること間違いなしの一冊です!

 

2. はらぺこあおむし
★送料&ラッピング無料★『英語でも読める はらぺこあおむし』
created by Rinker

大人気のはらぺこあおむしは本の大きさから仕様まで様々なバリエーションがあります。今回はその中から英語と日本語、両方の表記のある一冊をご紹介します。

ストーリー:生まれたてのあおむしの食事に焦点を当て、一週間を追っていくもの

学習ポイント:曜日、数字、食べ物の単語

こちらは文章がしっかりとしているので、英語で読む場合はお子さんの月齢にあわせて、食べ物や数字といった単語のみをピックアップして読み進めたり、英語に慣れないお子さんに対しては日本語で読み進めて、学習したい単語の部分のみを一回目は日本語で読む→続けてすぐに英語で読むといった進め方ができます。また、買ってみたもののお子さんが英語に興味をまだ持てなかった、という場合でも買いなおすことなく、そのまま日本語の絵本と同じように使えることも魅力の一つだと思います。

もちろん、英語と日本語の両方の表記があるからといって読みづらいということはありません。

注意ポイント

曜日ごとにページをめくるシーンについては少し工夫が必要かもしれません。日本語と英語では文章の区切りが違うので、この曜日のシーンだけ日本語で読む場合と英語で読む場合とでズレが生じます。気にならない方はそのまま記載通りに文章を読み進めていただくとよいのですが、テンポが掴みにくいという方は、特に英語で読まれる場合にページをめくるタイミングをズラす、もしくは読むスピードで調整すると違和感が減るかもしれません。

こんな方におすすめ

  • 英語の絵本を買うのはちょっと勇気がいる……
  • 兄弟やお子さんの成長に合わせて、読むステップを調整したい
  • カラフルな絵本が好き!

色鮮やかな絵本の魅力は世界共通!
深く考えずに、かわいいから英語バージョンも思い切って購入してみる、というのもアリだと思います!

 

3. FIVE Little MONKEYS Jumping on the Bed 

こちらの絵本は文章と同じ歌詞の歌があります。とてもリズムが良く、耳に残る歌なので、英語の絵本は難しいかもという思いに囚われず、楽しく聞き流しながらページをめくるだけで何となく読めてしまいます。

子どもに英語を読み聞かせるのには自信がない、という親御さんでも手を伸ばしやすい作品だと思います。

ストーリー:5匹の兄弟モンキーがベッドでジャンプをして遊んでおり、ベッドから落下して頭を打ち、1匹ずつ減っていく

上記の流れで繰り返し進んでいくので、読み進めることで引き算ができるようになっています。他にもママモンキーが登場するのですが、このママモンキーの行動もまた、親御さん目線で共感の持てるものとなっています。そういう意味でも親子一緒に楽しめる一冊ではないかなと思います。

学習ポイント:夜寝るまでの流れ、数字、引き算

CD付の絵本もありますが、ネットでは在庫切れが多いようです。入荷を待つのもよいですが、youtubeでいくつかの歌がアップされています。そちらを利用しながら、読み進めるというのもひとつの手です。ただ、本についているCDですと、引き算をテーマに子どもが歌いやすいようにいくつかのバージョンが用意されています。学習を目的とされる場合はCD付きの方をご検討されてみるのも良いかもしれません。意外に大きな書店さんの児童書コーナーに置いていたりするので、本屋さん巡りをするのもオススメです。

注意ポイント

歌に関しては様々なバージョンがあり、若干、リズムやスピードが違います。一番お子さんが気に入るもの、理解しやすいスピード、ご家族で好きなものをぜひ見つけてみてください。また、CD付のご購入を考えられている方は、リズムやスピードが違うものがいくつかあることを踏まえた上で、ご検討されると良いかもしれません!

こんな方におすすめ

  • 英語の絵本の読み聞かせに自信がない……
  • 歌が好き!
  • 引き算の導入に!

歌を利用して、上手に英語に触れる機会を作ろう!
FIVE Little MONKYSはシリーズになっているので、気に入った方は集めてみるのも◎

 

Five Little Monkeys Finger Puppet Playset
created by Rinker

参考

このFIVE Little MONKYSは絵本と同じ絵柄の指人形も販売しています。とっても可愛いので、お子さんと時間をかけて楽しみたい、絵本はまだ早いけど歌と指人形で楽しみたいという方にもオススメです!ちゃんと5匹とも、絵本と同じパジャマを着ているのもチェックポイントです。手のところをマジックテープでくっつけることができる仕様なので、5匹の手を繋がせて、一匹ずつ離れていくというストーリーの再現もできます。

※指人形はネットで購入する場合、輸入品であるためにかなり値段が変動します。近くの大きな書店さんの児童書コーナー等で探させる方がお安くお買い求めできる可能性がありますのでご注意ください!

 

 

 

-オススメ本

© 2021 はるぽの和み書房